美肌への近道 基礎化粧品の使い方(洗顔編)

普段のお手入れを適当にしていては老けるだけです。

毎日の洗顔を少し変えるだけでも肌は変わります。

正しい洗顔方法

手を洗う

洗顔する前に手の汚れをきちんと落としている方はどれくらいでしょうか。

どうせ洗顔フォームで顔を洗うのだから、と省略しがちではありますが、まずは手のばい菌を洗い流しましょう。

泡をたてる

次に洗顔です。泡立ては頑張ってしてください。

泡立てネットを使えば簡単に泡はできます。手のひらいっぱいになるくらいの泡が理想的です。

洗顔する

お顔に泡をつけて洗います。

皮膚に手がつかないように、泡の弾力だけでころがします。

できれば先にTゾーンを洗ってからそのあとUゾーンを洗うようにするのがいいです。

Tゾーンはだいたい脂っぽいため、先にあらっておくのですね。

すすぎ

すすぎは念入りにしましょう。水でもぬるま湯でもいいですが、最低でも15回以上はすすぐようにします。

泡が少しでも残っていると、その分肌が老化すると思ってください。

※ぬるま湯で洗った場合、その後水で10回ほどすすぐと肌が引き締まります。

タオルの使い方

タオルでゴシゴシ拭かないでください。タオルは顔に軽く押さえつけるだけで水は吸収されます。

注意としては、熱湯ですすがないこと。

泡で洗う時にゴシゴシしないこと。泡だけで洗うようにすると、かなり肌が変わってきます。

タダでできるのでやってみてください。

 

 

 

 

「ひのき酵素」(大人キレイ研究所は、酵素風呂を併設したサロンです)

【アクセス】東京 品川 京浜東北線 JR大森駅より徒歩7分 / 京浜急行 大森海岸より徒歩5分

 

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*