UV プレミアム50

【公式通販】ハーバルピール化粧品|UV プレミアム50

ハーバルピール UV プレミアム50

ナノヒアルロン酸配合のUVカットだから、塗るだけで肌が不思議に肌がキレイに見える。

SPF50 PA+++ だから、日焼け対策はこれでばっちり。

ハーバルピールを受けた後のお肌は、日焼けは大敵です。

2時間おきのケアの際にご利用ください。

UVカット

30ml 4,428円(税込)

ご購入手続き

UV プレミアム50の使い方

ハーバルピール施術後のケアで使う場合

  1. 2時間おきに、ローションをコットンに含ませて顔を拭きます。
  2. その後、バイタルモイスチャークリームとBBクリームを混ぜて顔に塗ります。
  3. 最後にUVカットを塗ります。

具体的なケアの方法を動画で説明しています。

普段のお手入れの場合

ファンデーションを塗る前に、500円玉1つ分くらいを顔全体に伸ばしてください。

ナノヒアルロン酸が配合されているため、UVカットを塗るだけで肌のキメが整います。

お得情報!

備考欄に「ひのき酵素」「0354714858」と記載いただくと、代引き手数料が無料になります!

配送設定の入力

*店舗照会を行った上の発送になりますので、お時間がかかる場合がございます。

 ご購入手続き

みなさんは、紫外線というとどんなイメージを持たれますか?

大抵の方は「シミができる」というイメージが強いのではないでしょうか。

biyou_shimi

実は怖い紫外線の影響

もちろん、紫外線はお肌にシミを作りますが、それ以外に、紫外線は顔をたるませます。

biyou_houreisen

肌老化の約80%は「光老化」と言われるくらいです。

顔をたるませたくなかったら、季節を問わずUVカットを塗ってください。

10年後の顔は、あなたの日々のケアで決まります。

紫外線の種類

紫外線A派(日常紫外線)

季節を問わず降り注いでいる紫外線です。これは、じわじわと肌を焼き、肌の奥まで傷つける可能性があります。

A派を浴びたからと言ってすぐに肌が黒くなるわけではありません。

日常的に、たとえばちょっとコンビニ行ってくる。お洗濯干す。

sentaku_kago

などのほんの些細な紫外線を浴びる事を継続して続けていると、気が付かないうちにシミができる。肌がたるむ。など悲しい結果になってしまいます。

ちなみにこのA派は、曇りの時も降り注ぎます。

また、ガラスを通過して入ってきますので、理想を言えば部屋の中でもきちんとUVカットは塗っておいた方がいいでしょう。

「しみ」「たるみ」の原因になります。

A派を防ぐのがPAの役割です。

紫外線B派

肌を黒くさせる「日焼け」を起こさせる紫外線です。

夏に海で横になっていて、肌が黒くなるのは紫外線B派のせいです。

hiyake_sunglass

いわゆる「やけど」になるのはこのB派。B派を強力に防ぐのがSPFの役割です。

「しみ」の原因になり、皮膚がんなどを引き起こす原因にもなります。

UVカットのSPFとPAの役割

SPFとは

Sun Protection Factorの略。SPFの役割は紫外線B派を防ぐためのものです。

数値が高いほど、紫外線B派を防ぎます。

意味としては、人はだいたい紫外線に当たりだしてから15~20分で肌に炎症を起こします(一般的な平均としてのカウントです。個人差があります)その日焼けが始まる時間を延ばす。という数字です。

うーむ、自分で書いていてよくわからない。

具体的なお話をします。例えば、SPF50の場合

日焼けまで15分かかる良子さんの場合:SPF50のUVカットを付けていると、15分×50倍(UVカットSPF50)=750分 つまり、750分は紫外線B派をブロックできる。という意味になります。

PAとは

Protection Grade of UVAの略。

PAの場合、数字ではなくて「+」で効果を表示しています。

PA+・PA++とかそんな感じですね。

主に、紫外線A派(生活紫外線)を防止する効果を表しています。

プラスが多ければ多いほど効果があります。

紫外線B派は夏に向かってだんだん強くなってきますが、紫外線A派は年がら年中降り注いでいます。

思い出してください、紫外線A派は「しみ」「たるみ」を引き起こします。

なので真冬であってもUVカットは毎日塗っていただきたいのです。

ハーバルピールでのUVカットの役割

ハーバルピールは施術を受けると、3日後くらいから顔の皮が剥けてきます。

ちょっと考えてみてください。施術の前は、皮膚の上に古くて硬い角質が乗っかっています。

それをハーバルを受ける事で角質がめくれます。

めくれた中の皮膚は、新しい皮膚。バリア機能などもまだ強固ではありません。生まれたてのあかちゃんのような皮膚。

illust1977

その状態で紫外線を受けてしまうと、ふだんより焼けやすくなってしまうのはおわかりでしょうか。

それを防止するために、ハーバルピールのUVカットは SPF50 PA+++ と十分な日焼け止め効果を発揮してくれるようにできています。

勿論、普段のUVカットとしてもご利用いただき、未来の自分の肌を守ってください。

ご購入手続き

 

ハーバルピールについて

【徹底解説】どこよりも詳しい「ハーバルピール」のすべて をご一読ください。